お問い合わせ
外国人社員への日本語教育で
お悩みではありませんか?
外国人を採用したものの、
このような問題はありませんか?
  • 採用したものの、コミュニケーションが上手くいかず孤立しがち…
  • 指示を与えたが、きちんと理解できているか不安…
  • 日本語指導する時間もなく、講師を雇うのにはコストがかかりすぎる
  • 1ID毎に月額課金されるシステムだと長期的には大きな金額になってしまう
  • 外国人に日本語を教えるには、どのような教え方をすればよいのか分からない…

日本語教育は、日本語カフェにお任せ下さい!

日本語カフェとは?

PCやスマホを使い、動画講座や演習問題に取り組み、通常の半分の時間で日本語、特定技能をマスターすることの出来る、新しい学習システムです。 語学指導のプロだから出来る、短期で合格者を輩出するカリキュラムと、学習状況管理の高機能LMSシステムが特徴です。
 

日本語カフェのコンセプト

従来型のeラーニング

  • 中身は良いが、
    すぐに問題を解き終わってしまう
  • 学習システムの機能が不十分
  • システムの活用法が分からない

日本語カフェ

  • 圧倒的な問題数
  • 学習者の追加やコースの設定など、
    カスタマイズ可能。
  • 運用経験から、活用のノウハウを共有
「コンテンツ量」「学習システム」「活用ノウハウ」
全てを満たしているのが日本語カフェ

学習システムのご利用者様からのお喜びの声

  • 日本語で会話できるようになり、外国人のモチベーションが上がりました!
    問題数が多く、コツコツと続けられるところが良いですね。日本語検定試験合格を目標とすることで、仕事も前向きに頑張ってくれるようになりました。
    以前は同じ国籍の社員グループとだけ話していて、どうしても孤立しがちだったのですが、日本語が話せるようになってきたので、日本人の社員の輪にも入れるようになったと思います。
    テレビなどで聞いた流行語を、「この言葉はどういう意味ですか?」と聞かれた時は、驚きました。

  • 運用に手間がかからないので、継続して利用しています!
    学習者にはカリキュラムに沿ってコツコツと学習してもらっています。
    管理者は管理画面で学習者の学習時間や進行具合を見るだけなので、運用に手間がかからず助かっています。
    システムは買い切りのイメージなので、運用コストはかなり安く済みますね。
    助成金のアドバイスもしていただけたので、導入費用・運営費用もかなり安いなと感じました。
    日本語の勉強だけでなく、特定技能の講座も用意されているので、ビザの延長も視野に入れて、継続して働いてもらうために、勉強してもらえると良いなと思います。
お問い合わせはこちら

日本語カフェの特徴

  • 使いやすい学習システム

    • 専用の管理者画面をご用意
    • 学習の進捗状況を見える化
  • 圧倒的な問題数

    • 模試150回分相当の問題数
    • 過去の試験・模擬試験などを分析し、
      独自の問題を作成
  • 多数の特定技能対策講座

    • 特定技能農業/介護/ビルメンテナンス/外食
      /食品製造/宿泊の講座をご用意
    • 五カ国語に対応。特定技能対策も万全
  • 活用ノウハウの共有

    • 日本度指導の有資格日本人が
      活用方法をサポート
    • 成功事例を共有する活用セミナーを開催

日本語カフェの学習の流れ

  • 解説動画の視聴

    解説動画の視聴

    解説動画を使用し、 日本語に触れることから始めます。

  • ワークシート記入

    ワークシート記入

    日本語に触れた後に 手を動かすことで、より理解度を高めます。

  • 演習問題を解く

    演習問題を解く

    実際の演習問題を 解き、繰り返し学習します。

  • 模擬試験を受験

    模擬試験を受験

    時間制限を設ける等 本番と同様の環境で模擬試験を行います。

※ワークシート・演習問題は日本語カフェが独自に作成しております

日本語カフェだから短期間で高い学習効果が得られます。

公文式のように、小さい単元を設定し、苦手な部分を繰り返し復習します。
少しずつステップアップしていくので、ゼロから学習を開始した学習者でも、6ヶ月でN4合格率が93%を達成!(インドネシアの日本語学校のケース)
さらに高度な日本語を学習したい方や、特定技能を取得したい方のための講座も用意されています。
合格を目指すことで、就労者様のモチベーションも上り、社内でのコミュニケーションもうまく行くようになります。
すべて日本語カフェが対応します!
管理団体様・登録支援機関様で
ご対応いただくことは一切ありません
お問い合わせはこちら

まるごとOEMについて

  • 他社の学習システムを利用する場合
    ID1つで月額制で利用できるが、長期的には高額
    学習者が増える毎に、IDの発行が必要になる
    各個人の学習の進行具合を把握するのが面倒
  • 学習システムを自社で構築する場合
    桁違いの開発費と時間がかかる
    何度も打ち合わせをする必要がある
  • 丸ごとOEMを利用する場合
    当社の既存のシステムを利用するため、比較的安価
    あらかじめ膨大な量のコンテンツが容易されている
    管理ノウハウもあり、管理が容易

助成金を活用した導入も可能

「働き方改革推進支援助成金」を活用することで

  • 法人様5分の4が助成されます(最大100万円)
  • 組合様全額が助成されます(最大500万円)
※適用条件を満たす必要があります
契約したものの、助成金が適用されず、
  全額負担しないといけなくなるかも・・・
助成金申請の手続きが複雑で、
  手間がかかりそう・・・
  • 契約前に助成金適用が可能かを判定し、
    助成金適用される場合のみ、
    契約することも可能
  • ややこしい助成金申請も
    当社が無料でサポート

日本語カフェのパッケージ内容

1 貴社専用ログイン画面の設定
2 ログイン画面のデザイン変更
3 管理者ID1人分発行
※組合様の場合は20人分
4 学習者ID100人分
※組合様の場合は2,00人分
5 使用可能コンテンツ(別表)
※無制限で自由に割り振り可能
6 カリキュラムシート
7 コンテンツ 無償アップデート
8 他言語説明資料(ログイン方法など)
9 管理者向け 使用方法説明会
※1回1時間×最大5回
10 無制限メールサポート
使用可能コンテンツの内容一覧
※無制限で自由に割り振り可能
  • 日本語検定試験対策コース
    文字語彙解説/文法解説/文字語彙演習問題/ 文法演習問題/聴解演習問題
    ※N1~N5全ての認定クラスに対応
  • 特定技能対策講座
    解説動画/確認問題/演習問題
    (介護、農業、酪農、ビルクリーニング゙、食品製造、 宿泊、外食)
  • 外国人向け介護入門講座
    (動画/穴埋め演習問題)
  • 介護福祉士対策講座
    (介護福祉士の解説動画/演習ドリル)
    介護福祉士過去問(12年分の過去問/解説付き)

システムを導入された企業様には、こんなメリットがあります!

  • その1買い切り型なので
    維持費が安い
  • その2N1-N5対策
    特定技能対策講座
  • その3圧倒的な問題数で
    JLPT合格率93%
  • その4充実の学習
    サポート体制
  • その5助成金の交付
    受けられる

サービス開始までの流れ

  1. STEP1
    資料請求、
    お問い合わせ
  2. STEP2
    zoom個別相談
    (無料)
  3. STEP3
    お見積もり、
    助成金申請
  4. STEP4
    ご契約
  5. STEP5
    システムの使い方
    説明会を実施
  6. STEP6
    学習者様の
    学習開始

外国人に対して手厚いサポートを提供し、
監理団体様・登録支援機関様のお困り事を解決

  1. STEP1
    資料請求、お問い合わせ
  2. STEP2
    zoom個別相談(無料)
  3. STEP3
    お見積もり、助成金申請
  4. STEP4
    ご契約
  5. STEP5
    システムの使い方説明会を実施
  6. STEP6
    学習者様の学習開始
お問い合わせはこちら