お問い合わせ TEL : 050-5539-2470

JLPTに合格させる聴解授業の教え方!日本語教師が教えるコツ

日本語能力試験JLPTの聴解セクションは、多くの受験生にとって大きな障壁の一つと言えるでしょう。高いスコアを目指す上で、どのようなアプローチや練習方法が効果的なのか、疑問を抱く方も少なくありません。

本記事では、JLPTの聴解力を効果的に向上させるための具体的な方法と、聴解の教え方を紹介していきます。

JLPT 聴解問題の効果的な教え方

JLPT 聴解問題の効果的な教え方|nihongocafe・日本語カフェ|特定技能対策講座|外国人向け日本語学習システム|日本語能力試験|JLPT 短期合格可能|日本語指導 日本語学習サポート

JLPTの聴解能力は、試験における一つの大きな部分を占めるだけでなく、日常の日本語の会話においても非常に重要な役割を果たします。

このセクションでは、JLPTの聴解を効果的に教える方法について詳しく説明していきます。

発話表現の重要性

発話表現を学ぶことは、聴解のスキル向上に非常に有効です。

なぜなら、実際の日常会話において、多くの情報は口頭で伝えられるため、発話時の表現やイントネーションに慣れる必要があるからです。

聴解を教える際のポイントとして、まずは生徒が「聞くこと」に慣れることが大切です。

むしろ、最初は内容を完全に理解することを求めるのではなく、日本語の音に耳を慣らすことを重視すると良いでしょう。

その後、徐々に難易度を上げていき、生徒の理解度を確認しながら授業を進めることが大切です。

教える際は、実際の会話シーンを想定した教材を選んで取り入れることをおすすめします。

聴解の教案の作成

日本語の聴解教案を作成する際の主なポイントは、具体的な目的を明確にし、それに沿った内容を取り入れることです。

例えば、初級者向けの聴解教案であれば、日常の基本的なシチュエーションを中心に、習得までの日数などの具体的な目標を入れると良いでしょう。

聴解の授業のやり方

JLPTの聴解の授業を効果的に進めるためには、先ほどの教案を基に、具体的な教材や教授方法を選択する必要があります。

ここで重要なのは、学習者のニーズやレベルを考慮しながら、実際の試験と同じような内容や形式のものを取り入れることです。

しかし、ただ単に試験対策だけを行うのではなく、生徒が日常の中で実際に使える聴解力を身につけることを目指すべきです。

JLPT聴解試験の特徴と実践例

JLPT聴解試験の特徴と実践例|nihongocafe・日本語カフェ|特定技能対策講座|外国人向け日本語学習システム|日本語能力試験|JLPT 短期合格可能|日本語指導 日本語学習サポート

JLPTの聴解試験に合格するためには、問題の特徴を把握しておくことが大切です。

試験の特徴と注意点

JLPTの聴解試験には、特有の特徴と注意点があります。その中の一つに、日常の会話だけでなく、ニュースなど様々なジャンルのリスニングが含まれる点が挙げられます。

そのため、教える際には、これらの内容にも触れるようにすることが大切です。

また、試験の中で問われる情報の中には、料金や時間などの具体的な数字も多く含まれるため、これらの内容にも特に注意を払いながら教えると良いでしょう。

発話表現を取り入れた実践例

発話表現を取り入れた実践例としては、実際の日常会話を模したロールプレイを取り入れる方法が考えられます。

例えば、レストランでの注文シーンや駅の案内所での問い合わせなど、生徒が実際に経験する可能性のあるシチュエーションを取り上げ、それに基づいてリスニング練習を行うと、非常に効果的です。

JLPT 聴解力を向上させる方法

 JLPT 聴解力を向上させる方法|nihongocafe・日本語カフェ|特定技能対策講座|外国人向け日本語学習システム|日本語能力試験|JLPT 短期合格可能|日本語指導 日本語学習サポート

聴解力を向上させるためには、継続的な訓練や学習が必要です。このセクションでは、その方法について詳しく説明します。

定期的なリスニング練習

日本語の聴解力を高めるためには、定期的なリスニング練習が欠かせません

その中で、JLPTの過去問題や専門的なニュース、ポッドキャストなど、さまざまな資料を使用して練習を重ねましょう。

また、リスニングの際には、一度にすべての内容を理解しようとせず、単純に日本語の音に耳を慣らすことを目的とした練習も取り入れると良いでしょう。

実際の会話を聞き話す機会を増やす

リスニング練習だけでは、実際の日常会話における聴解力は十分に身につかないかもしれません。

実際の会話の中では、話者のイントネーションや表現、文脈など、教材だけではカバーできない要素が多く存在します。

このため、実際に日本語を話す機会を増やし、生の会話を多く聞くことで、聴解力を向上させることができます。

日本語のアプリやeラーニングの活用

様々なレベルのリスニング教材を提供しているアプリやeラーニングを利用することで、授業以外でも自分のペースで練習を進めることができます

これらのツールを使用する際は、レベルや目的に合った教材を選択することが重要です。

例えば、

など様々な無料アプリがありますので、自分の用途と目的に合ったものを探してみましょう。

日本語カフェ」では、通常の半分の時間で日本語をマスターできる新しい学習システムを提供しています。ミッションを達成するとストーリーが少しずつ進むので、飽きずに楽しみながら学習を続けられます

言語の学習においては、毎日少しずつ学習を続けることが大切です。短時間でも良いので、毎日のルーティーンとして日本語の学習を取り入れていきましょう。