お問い合わせ TEL : 050-5539-2470

日本語能力試験(JLPT)N4とは?試験の概要と難易度の目安、合格のためのポイントを解説

日本語能力試験(JLPT)N4は、日本語能力が基本的なレベルを超え、中級への扉を叩く一歩として位置づけされています。

この記事では、N4の難易度の目安や試験の特徴、合格のためのポイントを詳しく解説していきます。

日本語能力試験(JLPT)N4を受験するメリット

日本語能力試験(JLPT)N4を受験するメリット|nihongocafe・日本語カフェ|特定技能対策講座|外国人向け日本語学習システム|日本語能力試験|JLPT 短期合格可能|日本語指導 日本語学習サポート

JLPTN4の受験は、多くの日本語学習者の重要なステップとなります。

このレベルをクリアすることで、基本的な日常会話のコミュニケーション能力があることが認められます。

N4の資格を取得することで、多くの企業や学校において日本語の能力を証明することができます。

また、N4の合格は、自身の日本語学習における進捗を確認する手段としても有効です。合格することで次のレベルへの学習のモチベーションが上がるでしょう。

在留資格「特定技能1号」の取得にN4が必要

日本国内での就労を考える際は、日本語の能力が必須となります。

特に、多くの業界や職種で求められる「特定技能1号」の在留資格を取得するためには、N4の認定が必須です。

これは、日本の職場でのコミュニケーション能力と、生活の中での基本的な日本語スキルが求められるからです。

日本語能力試験 N4のレベルは?

N4のレベルは、初級レベルを卒業し中級レベルへの入口と位置づけられます。

具体的には以下のような能力が求められます。

  • 読む力
    日常の文章やシンプルなニュース、広告などを理解する能力。特に、文章の中心的な情報や意味を把握するスキルが必要です。
  • 聞く力
    日常生活や学校生活に関するシンプルな会話やアナウンスメントを理解する能力。

日本語能力試験 N4の試験概要

日本語能力試験 N4の試験概要|nihongocafe・日本語カフェ|特定技能対策講座|外国人向け日本語学習システム|日本語能力試験|JLPT 短期合格可能|日本語指導 日本語学習サポート

N4の試験は3つのセクションから構成されています。

各セクションは独自の特性やポイントがありますので、それぞれのセクションに対する対策が必要です。

言語知識 文字や語彙の知識を試す部分です。
日常生活でよく使用される単語や熟語、漢字が中心となります。
文法・読解 基本的な文法や短い文章の読解能力を試すセクションです。
特に、文章の流れや論理を理解する能力が求められます。
聴解 さまざまな日常のシチュエーションにおける会話やアナウンスを聞き、その内容や意図を理解するスキルが試されます。

日本語能力試験 N4の合格点

N4の最低合格点は、全180点中90点と定められています。さらに、言語知識・読解では38点、聴解部分では19点以上が必要条件となっています。

毎年の合格者は約30〜45%とされています。合格点は年度や試験内容により変動することがあるため、受験前に最新の情報を確認しておきましょう。

日本語能力試験 N4と他のレベルとの違い

N5は基礎的な文法と語彙が中心で、基本的な日常会話を理解するためのものです。

N4では、N5よりも少し難易度が上がり、より高度な文法や語彙が求められ、日常生活の中で頻繁に出る表現や文型が増えます、

N3では日常会話を超えて、ニュースや読み物などの内容もある程度理解するための文法や語彙が問われます。

また、聴解については、N5はシンプルな日常の会話が中心ですが、N4になると会話の内容や文脈が少し複雑になり、多様な場面での会話が出題されます。

N3の聴解では、より多様で複雑な会話や内容が出題されます。

日本語能力試験 N4の問題例

試験の問題形式や内容に慣れるためには、過去の問題や模擬試験を利用すると良いでしょう。

日本語能力試験 N4の問題例|nihongocafe・日本語カフェ|特定技能対策講座|外国人向け日本語学習システム|日本語能力試験|JLPT 短期合格可能|日本語指導 日本語学習サポート

日本語能力試験 N4の問題例|nihongocafe・日本語カフェ|特定技能対策講座|外国人向け日本語学習システム|日本語能力試験|JLPT 短期合格可能|日本語指導 日本語学習サポート

日本語能力試験 N4の問題例|nihongocafe・日本語カフェ|特定技能対策講座|外国人向け日本語学習システム|日本語能力試験|JLPT 短期合格可能|日本語指導 日本語学習サポート

引用:日本語能力試験JLPT 公式サイト

日本語能力試験N4に合格するためには?

日本語能力試験N4に合格するためには?

日本語能力試験N4に合格するためのポイントを以下にまとめました。

基礎の確認

まず、N5の内容を完璧に理解していることが大切です。基本的な文法、語彙、漢字をしっかりとマスターして、N4の勉強に入りましょう。

日常的な語彙と文法の習得

N4では、日常生活で頻繁に使われる文法や語彙がテーマとなります。テキストやeラーニングなどを使って、これらのポイントを重点的に学習しましょう。

漢字の練習

N4ではN5よりも多くの漢字が要求されます。日常的に使われる基本的な漢字を繰り返し書き、読む練習をすることで、漢字のレベルを高めましょう。

リスニング力の強化

聴解部分は実際の日常会話を模した問題が出題されるため、日本語のポッドキャストやラジオ番組、YouTube動画などを利用して、耳を慣らすことが重要です。

模擬試験の活用

実際の試験の雰囲気や問題の傾向を掴むために、模擬試験を繰り返し受けることをおすすめします。間違えた部分は後で復習して、苦手な部分を克服できるように努めましょう。

日常的な実践

言語は実際に使わないと忘れてしまうものです。新しい内容を学ぶだけでなく、過去に学習した内容の定期的な復習も欠かせません。

日常生活の中で、日本語を読んだり書いたり、話したりする機会を増やしましょう。

定期的に集中して勉強できる時間と場所を確保することで、効率的な学習が期待できます。
日本語能力試験N4に合格するために上記のポイントを意識しながら、計画的に学習を進めていきましょう。

効率的に学習できる「日本語カフェ」がおすすめ

日本語カフェ」では、eラーニングを利用した動画講座や実践問題を通じて、通常の学習時間を半分に短縮し、効率的に日本語を習得することができます

短期間での合格を実現するカリキュラムで、事業者様もサポートします。ぜひこちらからチェックしてみてください。